2020年

今年はいろいろなことがあります。伝染病が流行り心苦しい毎日でございます。
私は条件がまだまだそろいませんが、5月の産卵に向けてそろそろランチュウ飼育をしていきたいと思います。

3月下旬から池を洗い、掃除していきたいと思います。

艶藤の友の皆様、体にお気をつけください。


3月下旬:バクテリアをあげながら、ランチュウの様子見


3月20日から池洗いを始めました。

池を洗う前は藻やコケがいっぱいです。

池を洗います。

池洗いが終わり、ランチュウも戻します。

ボールに金魚を入れた状態からサラサ柄や健康状態などを確認します。

そうして、池へと戻していきます。


5月16日から本命親と明け2歳魚で採卵。基本、親から卵を採ります。

親から採った卵は大きいので、孵った稚魚の骨格が良く、稚魚も大きくなると思います。

これから30腹ほど、本格的に卵を採っていきます。

2017年のサラサです。艶藤でここまでになりました。

今年の採卵に使いました。

魚も慣れて、私の指を突きに来ます。

これも愛着がわいて、可愛いと思います。

オスの追星がだいぶん出てきたようです。

種魚はこのような状態です。

自分も魚に合わして、だんだんと体調を整えながら、朝早く起きるように心掛けます。

このサラサ魚もかなりできています。

朝、魚の産卵に合わせて、早く起きるようにします。

車を止めて写真を撮っています。研究所に向かう途中です。

暗闇の中で産卵しています。

卵を採った状態です。

サラサ魚を絞って、卵を取り、人工授精させます。

人工授精で卵を採りました。

1回目の水替えです。

黒く沈んでいるのが孵ったばかりの稚魚です。

5月中旬の自然の気温(常温)の中で卵を採取すると、1.5日~5日くらいで稚魚が孵ります。1.5日で孵った稚魚でも元気に育ちます。これもDNAの仕組み、構造が良い系統だと思います。

13.5℃でも稚魚が浮いています。

(今まで9℃まで経験したことあります)

私の基本は水づくりです。自然に順応した水質づくりを心掛けています。

その信念に基づいて、この水槽は何十年間もかけて作り出しました。ミジンコ、オタマジャクシ、ミミズ、水コケ、底泥がすごいです。この水槽の中には自然の摂理(バイオリズム)があると思います。

この水槽の水は自然の栄養分を豊富に含んだ水なので、金魚に適した水になると思います。

この水で水替えを行い、3日ほどすると魚水となり、産卵しやすくなります。


5月22日撮影

研究所の庭に咲く花です。

きれいな花を見て、少しでも心が癒されます。

1週間から10日ほどで、艶藤とシュリンプを併用していきたいと思います。