艶藤使用例

ここでは藤本研究所の藤本氏が艶藤(つやふじ)を利用する方法の一例を紹介します。

ただし、ここに表示している方法は一例であって、条件や状況等により、この方法が適さない場合もございますので、ご注意いただければと思います。

①艶藤を容器に入れ、水(または生理食塩水)を入れて、艶藤の粒がなくなるくらいまで押しつぶし、1㎜ほどの平たい団子にします。
②この状態のものを10~11日目の稚魚に少しずつ与えます。水はカルキのない水です。
③艶藤の成分には練りが少なく、砂状に崩れますので、最初はほんの少しずつ与え、慣れてきたら腹七分目までどんどん与えます(与えすぎには注意が必要です)。

稚魚に与える餌は元々の粒の形状を無くし、つぶしてやることが重要。粉のサイズが小さくなるほど、消化にも良くなります。

孵化後10日ほどの針仔から青仔への移行時期の稚魚。

10数粒の餌をを完全に潰して薄く平べったい団子を作り、水槽の中に給餌。

時間をかけながら稚魚がゆっくり食べます。

艶藤にバイオバクテリア「Anakas A」「Anakas B」などを配合することも容易にできます。

フィッシュボンを配合することも可能です。

ただし、フィッシュボンのやり過ぎにはご注意ください。